愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

げげ本「後悔しない家づくりのすべて」おすすめポイントと工務店からみた感想

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回はげげ本『後悔しない家づくりのすべて』を取り上げます。

げげこと金谷尚大さんは一級建築士で大人気Youtuber!
ご存じの方も多いと思います。

今日はそんなげげさんが2021年8月に出版された『後悔しない家づくりのすべて』を遅ればせながら取り上げます。
こちらの本、家づくりを考え始めたらまず読んでほしい入門書としておすすめします!
とはいえ、ちょっと注意しておきたい点などもありますので、おすすめする理由と工務店から見た感想を含めてまとめてみました。
これから家づくりを始めよう!という皆様はぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
●げげ本『後悔しない家づくりのすべて』をおすすめする理由
●げげ本の上手な使い方
●中島工務店的にちょっと気になった内容

 

『後悔しない家づくりのすべて』は家づくり初心者に最高の教科書

文字通り「家づくりで後悔したくない」すべての人に読んでほしい最高の教科書です。
特に初心者、入門者が最初に読む本として超おすすめ。
暮らし、土地、予算、デザイン、性能、間取りなど家づくりの基本として知っておきたいことが網羅されています。

家づくりを始めるとデザインや性能など興味のある分野にのめり込んでしまう人がいますが、のめり込む前に一度は全体を学んでおいた方がバランスのいい家ができます。
その点、この本は私たち専門家から見ても「家を建てる人がひととおり知っておくと役立つ分野」をしっかりカバーしていて、さらに性能などでは2021年の業界水準からみて必要十分なレベルを推奨しています。
しかも1つのテーマが1見開きにわかりやすく収まっていて、とにかくめちゃくちゃ読みやすい。
これから家づくりを始めるならまずはこの本を読んで、そこから興味を持ったことをさらに勉強していくのがおすすめです!

 

実際の家づくりではお客様自身の決断が重要

一方で、注意してほしいのはこの本はあくまで入門書としては参考になるけれど、実際の家づくりではお客様自身の考え方と決断が必要になるということ。

帯に「ルールがわかれば、センスやお金がなくても迷わない」とありますが、この本はまさに「ルール」すなわち業界や住宅建築のしくみ、考え方を解説しています。
逆にいうと、考え方は明示しているけれど決め方は書いていません。
実際のお客様の暮らし・家づくりは千差万別なので、この考え方をもとにどう決断するかは読者に委ねられたのだと思います。
家づくりの専門家としてはとても適切な姿勢で、著者の一方的な視点から「こうでなくてはならない」と断言するような本よりはよほど信頼できます。
が、ほどんとの人は「センスやお金がなくても迷わない」とはならず、めちゃくちゃ迷うはずです。
図面や見積書を前にして決めなくてはいけなくなったときには、なにごとも教科書通りにはいきませんから。

それでもこの本には知っておきたい情報を網羅しているという優れた価値があるので、この本を読んでいるのといないのとでは判断の根拠も結果も違ってきます。
やはり入門書としてぜひ読んでおきたい本だといえます。

 

この本の上手な使い方

この本は住宅会社を決定する前に読んでほしい本です。
家づくりに重要な性能・デザイン・メンテナンス性などは、住宅会社を決めた後ではどうしようもありませんから。
この本を読んだら、次のように住宅会社を選びましょう。

①ホームページなどで考え方を確認
この本をしっかり読んで学んだら、住宅会社のホームページなどで考え方が合っているか確認しましょう。
イマドキはげげさん同様の考え方をする住宅会社・工務店も多いので、この時点では候補はたくさんあるかもしれません。

②好みのデザインの住宅会社を絞り込む
考え方に納得できるなら、あとはもはや好みです。
インスタやYoutubeなど各社が展開しているメディアも参考に、好みに合う会社を絞り込みましょう。

③実物を見に行こう
実物、特に構造見学会や完成見学会に行ってみましょう。
写真はいろいろ手を加えることができます。
実物を見ながらその間取りになった理由を確認すると、その会社の設計提案力も把握できます。

繰り返しになりますが、この本はイマドキの家づくりで後悔しないために大切なことを網羅しています。
迷ったら本に書かれている考え方に立ち戻りつつ、納得できる住宅会社を選びましょう。

 

げげ本、とても納得できるポイント

ここからは中島工務店的に見たげげ本の納得ポイントとちょっと「?」な点をお話します。
まずは「そうだよね、それすごく大事!」という納得ポイントから。
全体的にとても納得できる本なんですが、その中でも特に大納得のポイントです。

●すべてを満たす家は存在しない
その通り!家づくりの決定過程は「あきらめる」過程といっていいくらい「完璧な家」は幻想です。優先順位をはっきりさせましょう。

●100年住み続けられる家をつくる
家づくりは街並みづくり、社会的資産の形成でもあります。中島工務店は三世代住み継げる構造の家をつくっています。

●家具の予算、外構の予算をとっておく
家という箱をつくるのではなく暮らしをつくるには家具も外構もとても大切。私たちは概算資金計画のときからこれらの費用を見込みます。

賢い初期投資で家の維持費を抑える
すごく大事な考え方です。家は建てて終わりではありませんから、メンテナンスコストを考えた材料選びは重要です。中島工務店はメンテナンスコストの低い瓦屋根、左官壁(そとん壁)、これらに準じる材料としてガルバリウム鋼板を推奨しています。

●温熱環境は健康で幸せな暮らしに欠かせない
激しく同意。耐久性・耐震性などはもちろんですが、日々の暮らしに大きく影響するのが断熱性。暖かい家は住み心地がよく、家族の健康も守ります。中島工務店はG1相当の断熱を標準にしています。

●「今だけ」「金だけ」「自分だけ」をやめる
すべての人がこの観点で家づくりをしたならは、社会はもっとずっとよくなります。街並みづくりの一翼を担う立場として、中島工務店が大切にしたい価値観のひとつです。

●外構をあとまわしにしない、庭木が家を引き立てる
間違いありません。しっかり外構予算をとって庭木も植えましょう。お手入れが楽な木を選べばそれほど苦労せず、見た目も居心地もよくよくなります。

 

げげ本、ちょっと「?」なところ

大筋でとても納得できるとはいえ、ちょっと「?」なところや追加でお話したくなるところもあります。
すべての人が同意できる考え方なんてありませんから、そういうところもあって当然です。
げげさんも紙幅の関係で伝えきれていないこともあるだろうと思いますし、下記は当社の考え方なので、さらに違う考え方ももちろんあります。
ひとつの意見としてご覧ください。

①無料相談所は賢く活用しよう
げげさんは無料相談所のメリット・デメリットをしっかり挙げた上で賢く活用しようといってます。
中島工務店は明確に無料相談所はおすすめしないと言い切ります。
当社にも無料相談所に登録しませんか?といった打診はよくいただきます。
が、お話を聞くととても利用できるようなしくみではありません。
げげさんも指摘する「紹介料」が高すぎて、もし利用したらお客様の家づくりの費用に上乗せするか、当社の利益を削るしかありません。
無料相談所の運営側は「お客様価格に上乗せはしないでください」と言います。
でも、それを経費にしたら当社の利益率だとものすごく厳しいことに・・・というか、実際にはあり得ない数字になってしまいます。
もともとの利益率がすごく高くないと利用できないだろうというのが実感です。
げげさんが言うように「アドバイザーがプロじゃない」ことが圧倒的に多く、当社のような難しい要望への対応力を売りにしている場合はアドバイザーにはまったく理解できない話になってしまいます。
無料相談所のしくみは住宅会社・お客様双方にほぼメリットがないためまったく推奨できません。

②かかわってはいけない住宅会社 見積もりがおおざっぱ
げげさんがかかわってはいけない住宅会社の条件のひとつとして挙げている「見積もりがおおざっぱ」。
どの段階のことを言っているのかわかりませんが、中島工務店は住宅会社を選ぶ段階ではおおざっぱな見積もりでもやむを得ないと考えます。
住宅会社を選ぶ段階では、多くの会社が「概算見積もり」でしょう。
特に注文住宅会社では、詳細まで打ち合わせをするのは自社に決めてもらった後のはずですから。
当社でもプラン提案の段階では面積に基づく概算見積もりを提出します。
その後、設計契約を結んだら半年~8カ月かけて詳しく打ち合わせして、最終的に部材ひとつひとつを拾い上げた詳細見積もりを提出します。
注文住宅では同様の流れの会社が多いため、住宅会社を選ぶ段階ではおおざっぱな見積もりになるのはやむを得ません。
もちろん最後まで「一式」や「坪単価」で見積もるのは論外です。
住宅会社選びの段階でそれを確認したいなら、最終見積もりをどのレベルで出してもらえるのか質問し、可能なら見積書のサンプルを見せてもらうといいでしょう。

フォロワーや登録者が多いなら優良な会社の可能性が高い
げげさんはSNSやYoutubeのフォロワーや登録者が多いなら優良な住宅会社の可能性が高いと言います。
これは間違いではありませんが、「優良」というのはちょっと語弊があるかなと思います。
中島工務店は、フォロワーや登録者が多い会社は人気があるが、優良かどうかは慎重に判断した方がいいと考えます。
SNS等での人気はおもに写真の見ためや動画の語り口のうまさによるものです。
中には見ためはいいけれど施工技術は高くない会社もありますが、それらはSNS上ではほぼみきわめられません。
また、人気がある会社が自分に合うかどうかも別問題です。
SNSやYoutubeを参考にするのはとてもいいと思いますが、「人気があるからいい会社」ではない点に留意しましょう。

④特定の断熱材を推してくるケースは要注意
げげさんは断熱は断熱材だけではなく、内装仕上げ材、除湿機密シート・・・といったものの組み合わせで総合的に決まるため、断熱材ばかり推してくる会社はあまり優良ではないとしています。
中島工務店は、根拠を持って特定の断熱材を推しているなら問題ないと考えます。
断熱性能は、実質的にはほぼ断熱材(熱伝導率×厚み、プラス施工精度)で決まります。
仕上げ材なども無関係ではありませんが影響は小さく、断熱材以外で挙げるなら窓の数や大きさ、サッシの影響は大きいです。
とはいえ、それらは断熱性能の数値(UA値など)を出す際にはすべて計算に含まれます。
なので、明確に断熱性能を謳った上で特定の断熱材を推しているならなんの問題もありません。
標準仕様として一定の性能を出すために特定の断熱材を採用しているケースは多く、その住宅会社にとってやり慣れたやり方でもあるので予定通りの性能が発揮される可能性も高くなります(やり慣れている=施工精度が高くなります)。
ただし、断熱性能の数値や考え方を語らずに断熱材だけを推しているケースは慎重に判断しましょう。

⑤おしゃれな照明の落とし穴 ペンダントライト
本の後半の間取りに関する記述はげげさんの真骨頂という感じですね。
このあたりは設計者の考え方や得意不得意にもよるので、読者が共感・納得できるかどうかで判断すればいいと思います。
ただ1点だけ、ペンダントライトの可能性について言及しておきます。
げげさんはおしゃれな照明の落とし穴のひとつとして、ペンダントライトは位置を変えられないと言っています。
が、中島工務店的にはペンダントライトこそ位置が変えられる自由度が高いものです。
下の写真を見てください。
ダイニングテーブルの上にペンダントライトが2つありますが、吊るしている黒いコードが二段階になっているのがわかりますよね?
写真的に左側に照明用コンセントがあり、そこから右にいったんコードをひっぱって留め、その位置から照明を下ろしています。

当社ではよくやる方法で、ペンダントライトの位置も高さも調節できます。
特にダイニングテーブルなど将来的に大きさや位置が変わるかもしれないものの上には、この方法はとても有効です。
こうすればペンダントライトはむしろ自由度が高いので、ぜひ採用していただきたいと思います。

⑥インテリアにセンスは不要
冒頭にご紹介した動画でも同じテーマで語っていますが、これについては明言します。
インテリアにセンスは必要です!
本の中でげげさんはセンスがなくてもおしゃれな部屋をつくれる「3つのルール」を述べてくれています。
そのルールは確かにその通りで、ルールを知らないよりはずっと部屋にまとまりが生まれると思います。
ですが、それだけでおしゃれな部屋はできません!
完成内覧会などでたくさんの家をしつらえてきましたが、おしゃれな部屋をつくるのはとてもとても難しいです・・・。
経験論で恐縮ですが、やはりインテリアにセンスは必要です(と断言できます)。

 

家づくりを始める前に『後悔しない家づくりのすべて』を読もう

いろいろ語ってきましたが、総じてこの本はとても参考になります。
家づくりを始めるならまずは『後悔しない家づくりのすべて』を読んで、家づくりで押さえておきたい全体像を把握しましょう。
そのうえで特に興味を持ったことがあれば深く勉強し、納得できる家づくりに役立ててください。

関連記事です。
この本に通じる中島工務店の家づくりの考え方をご覧ください。



来場予約はこちら