愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

2022年最新版!施主支給の注意点~幹太くんやサンワカンパニー製品の場合&よくある失敗例

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『施主支給』です。

以前の記事では、施主支給に向いているもの・向いていないものをご紹介しました。
こちらの記事で解説した通り、基本的に施主支給に向いているのは照明器具、カーテン、エアコンなど製品を取り付けるだけのもの。
配管・配線などが複雑で住み始めてから故障した場合に原因の追究が難しいものは施主支給に向いていません。

ですが、最近では衣類乾燥機やキッチンなど配管・配線が必要な製品を施主支給したいという要望も増えています。
そこでこの記事では特に人気のある幹太くん、サンワカンパニー製品の施主支給の注意点、さらに施主支給で設備工事が必要なケースで起こりがちな失敗例をご紹介。
中島工務店で実際に起こった事例も紹介しますので、施主支給を検討中の方は参考にしてください。

この記事でわかること
●幹太くんを施主支給するときの注意点
●サンワカンパニー製品を施主支給するときの注意点
●施主支給でよくある失敗例と注意点

施主支給とは

施主支給とは、住宅設備機器や建材などをお施主様が自分で購入して住宅会社・工務店に支給することです。

施主支給の役割分担
●お施主様:製品の購入、現場への運搬手配・受け取り・検品
●住宅会社・工務店:製品の取り付け

 

住み始めてから万が一故障した場合のメンテナンスも、施主支給品はお施主様が直接メーカーや販売店に修理・メンテナンスを依頼することになります。

幹太くんを施主支給するときの注意点

最近の幹太くん人気はすごいですね!
幹太くんを施主支給するときに注意したいのは設計の早い段階で住宅会社に相談することです。
幹太くん設置には、このあと解説するようないくつかの注意点があります。
これらの注意点をあらかじめしっかり相談して設計に組み込んでおけば設置ではほとんど問題は起こらないはずなので、とにかく早めの相談が肝心です。

幹太くんの施工上の注意点は次の4点です。

幹太くん施工上の注意点
①ガス配管(ガスコンセント)
②排湿ダクトスペースの確保、天井を通る場合は点検口も必要
③本体左右と上に45mm以上のスペース確保
④外部の排湿口の位置

 

幹太くんは電気で動くガス衣類乾燥機なので、電気とガス両方のコンセントが必要です。
電気コンセントは位置さえ決めれば特に問題ありませんが、ガスコンセントはどこにでも設置するものではないのであらかじめ設計に組み込んでガスを配管しなくてはいけません。
さらに幹太くんは乾燥で生じた湿気を配管を通じて外に排出するため、直径80~100mmの排湿ダクトを本体から上へ抜く必要があります。
洗濯機の上に幹太くんを設置したらそのさらに上へ、床置きならその上の家事スペースや収納スペースの一部に排湿ダクトを通すスペースをつくらなくてはいけません。
ダクトが天井を通る場合には点検口も必要です。
また、防火上の理由で本体の左右と上に45mm以上のスペースも必要です。
もうひとつ、外部の排気位置にも注意しましょう。
外壁のどこかに排湿ダクトが出てくるので、隣家との関係や外壁の色などとのバランスもあらかじめ考慮する必要があります。
施工上の注意点に加えて間取り・動線・インテリアデザイン、さらには外観も含めて検討しなくてはいけないので設計への影響は大きいといえます。
一方で、これらの打ち合わせがしっかりできていれば、幹太くんの施主支給では大きな問題は起こりません。

ところで、施主支給でなくても私たち住宅会社に「幹太くんを取り付けたい」と言っていただければ、もちろんフツーに設置できます。
幹太くんは住宅会社を通す場合に比べて施主支給が必ずしも安くなるとはいえません。
できれば①通常通り住宅会社を通じて手配する場合と ②施主支給の場合の両方の見積もりの両方をとってみるのがおすすめです。

 

サンワカンパニー製品を施主支給するときの注意点

サンワカンパニー製品も人気があり、施主支給したいというお客様が増えています。
比較的安価でシンプルなデザインと、水まわりから家具・照明・床材・内装材・エクステリアまでカバーする幅広いラインナップが人気の理由でしょう。
しかも一般のお客様もオンラインショップを通じて簡単に購入できるので、施主支給が増えるのも納得です。

サンワカンパニー製品を施主支給するときに注意したいのは部品・部材の確認です。
設備機器は一般のお客様が思っている以上にたくさんの部品・部材を使用して設置します。
お客様にとって「キッチン一式」に見えるものも、実際にはワークトップ、シンク、水栓、コンロ、収納、扉などたくさんの部材の集合体で、さらにそれらを取り付けるためのたくさんの部品が必要です。
施主支給では部品・部材のなにかが足りないケースがよくあります。
中島工務店で実際にあった事例を3つご紹介します。

事例①キッチンのコンロの左右位置が誤っていた
サンワカンパニーで購入したキッチンが現場に届いてみたら、コンロの位置が左右間違っていたケースです。
これは現場ではどうすることもできません。
いったん返品して正しい製品を再納品してもらうしかなくなりますが、発注が間違っていた場合は交換にかかる費用はお施主様が追加負担するしかありません。

事例②キッチンの水栓の穴が開いていなかった
サンワカンパニーのミニキッチンを「水栓なし」で購入したケースです。
購入したキッチンにもともと所有している水栓を設置したいというのがお施主様の希望だったのですが、水栓なしで購入したキッチンには水栓を設置するための穴がありませんでした。
となると現場で穴をあけることになるんですが、水栓も一緒に購入していたら付属する配管カバーもありませんでした。
穴をあけて配管カバーをつくるところまで現場で対応しましたが、いつでもどんな製品でもそうできるとは限らないので注意が必要です。

事例③タイルの施工用モルタルが現場に合わなかった
サンワカンパニーのタイルを施工用モルタルもセットで購入したケースです。
モルタルを塗った上にタイルを貼っていくのですが、セットで届いたモルタルが現場の下地にはしっかりくっつかないことがわかり、タイル施工業者が用意したモルタルを使用して設置しました。
先ほどの水栓の事例と逆で、関連部材まで一緒に買ったのが逆に無駄になったケースです。
なおタイルを購入するならタイルのみで、モルタルは施工業者に任せた方が安心です。

普段よく購入するもの、例えば衣類なら素材やサイズ、洗濯表示など買うときに見るべきチェックポイントがよくわかっていますが、おそらくは人生で初めて購入する住宅設備で必要なことをすべて確認するのはとても難しいものです。
特に注文住宅は1軒1軒状況が違い、すべてを最適な状態で揃えるのは特に難しいといえます。
サンワカンパニー製品を含めて設備機器を施主支給するなら、部品・部材を住宅会社に相談してから発注しましょう。
中島工務店は設計の一環としてそうした相談にも対応しますが、会社によっては施主支給品の相談は別途費用がかかる場合もありますのでご注意ください。

施主支給でよくある失敗例と注意点

ここからは施主支給でよくある失敗例として、当社の事例をご紹介します。
住宅会社としてお恥ずかしい事例もありますが、施主支給ではあり得ることなので参考してください。

照明の取り付け部材が製品と合わなかった
施主支給された照明と取付部材が合わなかったケースです。。
天井にガチャっとはめるアレです。
取付部材には種類がいくつかあり、それが支給された製品と合わずそのままでは設置できませんでした。
このくらいはなんらかの方法で設置しますが、部材が合うならその方がいいのであらかじめ住宅会社としっかり確認しましょう。
なお、そもそも取付部材が別売りのものもありますので注意してください。

コルクタイルの施工方法を間違えた
これは中島工務店のミスです。
施主支給されたコルクタイルの施工要領書をよく読まずにふだんと同じように施工したところ施工方法が誤っていて、接着が不十分で貼り直しになりました。
初歩的なミスで恥ずかしい限りですが、実はよくあること。
どの施工業者もよく使う製品とやり慣れた施工方法があり、ふだんと違う製品でもついついよく確認せずいつも通り施工してしまいがちです。
これは住宅会社側の問題ですが、起こりえることとして知っておいていただくとよいと思います。

エアコン配管の径が合わなかった
エアコンには配管がありますが、実はエアコンの容量(6帖用とか12帖用とか)によって配管の径(大きさ)が違います。
お客様がエアコンを施主支給する場合、配管だけは工務店が先に施工しておくことがあります。
特にあとから配管するのが難しい2階ではそうすることが多いのですが、あるお客様のお住まいで購入されたエアコンの容量が大きく、配管の径が合わなかったことがありました。
もちろんやり直しましたが、あらかじめ綿密に打ち合わせをしておけば防げたケースだといえます。
なおダイキン工業のエアコンうるるとさららは加湿機能のためのホースがあるため、一般的なエアコンより大きな配管が必要です。
うるさらを設置したいなら、特に早めに伝えましょう。

タオル掛けの取り付け位置に下地がなかった
タオル掛けやペーパーホルダーなど小さなものをつけるのにも下地が必要なのですが、事前に「だいたいこのあたり」と聞いていた位置に下地を入れていたにもかかわらず、実際に製品が届いたら取付位置が変わってしまったケースです。
オンラインショッピングでは現物を見ていないので、現物を見たときに「こっちの方がいい」となるのはあり得ることです。
が、下地がないところには取り付けられません。
もともと予定していた下地のあるところに取り付けるしかありませんので、ちょっとだけ希望と違いますがご理解いただきました。

このように施主支給では思わぬ不都合が起こることがあります。
こうした不都合は、住宅会社・工務店が詳細を把握していないために起こることが多いので、施主支給ではとにかく住宅会社・工務店と十分打ち合わせをするのが大切です。

施主支給を成功させるために~住宅会社からのお願い

最後に、施主支給をスムーズに行うために住宅会社からのお願いです。

①早めに・具体的に相談を
繰り返しになりますが、とにかく住宅会社に早めに・具体的に相談してください。
住宅会社は専門家です。
「こうしたい」という希望を聞けばよりよい対応策を考え、施主支給よりよい案を出せることもあります。

②検品はお施主様ご自身で
輸送中に製品が破損するのはめずらしくありません。
施主支給の場合、破損した製品の返品・交換もお施主様自身でやっていただくことになります。
輸送中に破損したのか現場で破損したのかわからないと、住宅会社とお施主様のトラブルの原因になります。
届いた製品はお施主様自身が受け取り検品までしていただくと、お互いに安心できます。
なお特に高価なものや一点ものは、現場までの運搬もお施主様にお願いしたいところです。

「おしゃれなものを使いたい」「コストダウンしたい」と増えている施主支給ですが、やり方によっては住宅会社との信頼関係にひびを入れる恐れもあります。
特に私たち住宅会社が見積もりを提出した後に同じ製品を施主支給にしたいといわれると、正直いって困ってしまいます。
また配線や配管が多く、のちのち故障したときにトラブルになりやすいものもできれば施主支給は避けてほしいと思ってしまいます。
施工費まで入れると必ずしも施主支給が安いとは限らないのも念頭に置いていただき、率直に・早めにご相談いただくのが家づくり全体をうまく進めるコツだといえます。

来場予約はこちら