愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

断熱等級5・6・7新設で新築住宅はどう変わる?仕様変更と建築費用の変更点解説

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『断熱等級5・6・7』です。

2021年12月国土交通省から断熱等級5の新設決定と断熱等級6・7の新設に向けたパブリックコメントの実施が発表されました。
事実上、断熱等級7までの新設が決まったわけでこれまでの断熱等級4とはけた違いの断熱レベルを国が推進しようとしています。
断熱性能が高くなるのは快適性や健康面でとてもいいことですが、当然これまでの断熱方法プラスアルファが必要になり、コストアップも伴います。
快適になるのは嬉しいけど高くなるのはちょっと・・・って感じですよね。

断熱等級5・6・7とはいったいどんなレベルで、どんな断熱が必要で、どのくらいコストアップするのでしょうか?
今回は中島工務店の仕様を例に、断熱等級5・6・7それぞれの場合について仕様変更の概要と建築費用について検討してみました。
断熱性能についてよくある質問にもお答えしていますので、ぜひ最後までご覧ください。

この記事でわかること
●断熱等級とは
●断熱等級5・6・7の最低室温めやす
●断熱等級5・6・7のUA値
●断熱等級6・7に対応する方法とコスト~中島工務店の場合
●断熱性能についてよくある質問

 

断熱等級とは

断熱等級は住宅性能表示制度で示される住宅性能のひとつです。
住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)にもとづいて質のよい住宅をたくさんつくるために規定され、断熱性能のほかにも耐震性や維持管理など10項目に等級を設けて、住宅取得者にわかりやすく伝えるものです。
「等級」で表すわかりやすさから、各住宅会社が自社の性能を伝えるためにもよく使用されています。

断熱についてはこれまで等級1~4が設定されていました。
より高い基準として等級5~7を追加しようというのが今回の動きです。

 

断熱等級4の家は暖かくない

これまで断熱等級は「4」が最高で、住宅会社の中には断熱等級4を「最高等級」とアピールする会社もありました。
最高等級なのは間違いありませんが、実は断熱等級4の性能は決して高くありません。
わかりやすくするために最低室温のめやすを見てみましょう。

東京・名古屋・大阪など西日本の太平洋側のほとんどが含まれる6地域で断熱等級4は冬の最低室温がおおむね8℃を下回らないことを基準にしています。
暖房なしで朝起きたら室温8℃…あったかいとは言えませんね。
いや、寒いです。

参考までに諸外国の基準と比べてみましょう。
イギリスでは最低室温を18℃以上に保つことが法令で規定されており、保てない賃貸住宅には改修・閉鎖・解体といった厳しい命令が下されることもあります。
ドイツも18℃以上が基準で、賃貸契約書に記載されたりするそうです。
アメリカでも州によって15~20℃程度の最低室温基準があります。
ちなみになぜ18℃めやすのところが多いのかというと、16℃を下回ると高齢者に呼吸器疾患や心血管疾患などの健康リスクが増えるという研究結果があるからです。
日本の最低室温のめやす8℃、すなわち断熱等級4は健康に害があるレベルだったんです。

 

断熱等級5・6・7の最低室温めやす

そういうわけで、遅ればせながら「これではダメだ!」と新設されることになったのが断熱等級5・6・7です。
断熱等級5・6・7の最低室温のめやすは次の通りです(6地域の場合)。

断熱等級最低室温のめやす
等級4おおむね8℃を下回らない
等級5おおむね10℃を下回らない
等級6おおむね13℃を下回らない
等級7おおむね15℃を下回らない

これからの最高等級7でおおむね15℃を下回らない、これなら朝起きて暖房なしでも凍えるほどではなさそうです。
それでも欧米の基準18℃に届かないのがなんともいえないところですが・・・
等級5・6・7が必要とされる理由はよくわかりましたね!

 

断熱等級5・6・7のUA値

ここまでは体感的にわかりやすくするために最低室温のめやすでお話してきましたが、実際の住宅設計では断熱等級はUA値で規定されます。

UA値とは外皮平均熱貫流率で [建物が損失する熱量の合計]÷[外皮面積]で求められます。
難しそうに聞こえますが、要はその家が熱をどのくらい逃がすか・逃がさないか。
どんなにがんばって暖房しても壁や屋根、窓からその熱はある程度逃げてしまいます。
それがどのくらい逃げるかを示したのがUA値というわけです。
面積で割り算することで1平方メートルあたりの熱損失量を示しています。
逃げる熱の量が小さいほど断熱性能が高い、つまりUA値は小さい方が断熱性能がいいことになります。
断熱性能はUA値で示され、UA値が小さいほど性能が高いと覚えておきましょう!

ということで、断熱性能4~7のUA値を確認しましょう(6地域の場合)。

断熱等級参考水準UA値(W/㎡K)最低室温のめやす
等級4平成28年省エネ基準相当0.87おおむね8℃を下回らない
等級5ZEH相当0.60おおむね10℃を下回らない
等級6HEAT20 G2相当0.46おおむね13℃を下回らない
等級7HEAT20 G3相当0.26おおむね15℃を下回らない

等級6で等級4の半分程度、等級7だと3割以下になりました。
めちゃくちゃ単純にいうと、断熱性能は断熱材の熱伝導率×断熱材の厚みで決まります。
つまり同じ熱伝導率の断熱材を使うなら厚みを増やさなくてはならず、等級6では等級4の2倍、同級7なら3倍の厚みが必要ということになります。
断熱材の種類を変えないなら、壁の厚みが現在の2~3倍になる!なんてことが起こります。
もちろんお値段も2~3倍に・・・
これをどう乗り越えていくかが住宅会社のこれからの課題のひとつです。

 

HEAT20と断熱等級

上の表では「参考水準」として省エネ基準、ZEH、HEAT20を挙げました。
断熱等級を決めるにあたって、それらの基準が参考にされているからです。
省エネ基準とZEHは国の制度で、それに従った断熱等級が設定されるのも納得です。
ではHEAT20とは何なのでしょう?

HEAT20は民間基準。
一般社団法人 20年先を見据えた日本の高断熱研究会 が設定した基準です。
どういう団体かは名前を見ればわかりますね。
坂本雄三東京大学名誉教授、岩前篤近畿大学教授など日本の断熱研究の第一人者が集まって設立された団体で、住宅の高断熱化に力を注いできました。
中島工務店もこの活動趣旨に賛同し、現在、断熱性能のめやすをHEAT20 G1相当としています。※中島工務店の住宅性能はこちらから。
ほかにも多くの先進的な工務店がHEAT20を断熱のめやすとして採用し、G1~G3を目指して取り組んできました。

今回の断熱等級5・6・7新設は民間基準を国が公式な基準として認めたケースです。
それだけHEAT20とそれを支持する工務店の活動が未来の住宅の姿に敵ったものだったということでしょう。
これからは各住宅会社が断熱等級5・6・7のどこをめやすにし、どんな対応をしていくのかが焦点になってきます。
大手ハウスメーカー各社も2022年中に方針を打ち出してくると思いますので、よく見ておきましょう。

 

断熱等級6・7を実現するには~中島工務店の場合

繰り返しますが、断熱性能が高くなるのは快適性・健康面からとてもいいことです。
ただし、設計・施工やコストの面では考えなくてはいけないことが山ほどあります。
中島工務店の場合を例に、断熱等級6・7を実現する場合にどんな対応が必要でどのくらいコストアップするのかを検討してみました。

中島工務店の断熱性能は現在G1相当、UA値0.56がめやすです(6地域の場合)。
これは断熱等級5のUA値0.60より性能が高く、すでに断熱等級5はクリアしています。
よって断熱等級6と7について検討します。
なお断熱等級6=G2以上についてはあくまで机上の検討で、実際に施工した場合にはここにない問題が生じる恐れもあることをご了承ください(逆に意外と苦労しない可能性もあります)。
またどのくらいコストアップになるかも試算していますが、住宅資材はどんどん値上がりしています。
ここでの試算はあくまで現在の価格ベースで、実際に建てるときにはそれ以上に高くなっている可能性がかなりありますのでご注意ください。

 

①断熱等級6を実現するには

断熱等級6、すなわちG2レベルのUA値は以下の通りです。
中島工務店の施工エリアは4地域~6地域にわたっているため、その範囲でどのように対応するか考えましょう。

4地域5地域6地域
現在の中島工務店=G1レベル0.460.480.56
断熱等級6=G2レベル0.340.340.46

結論からいうと次のとおり。

断熱等級6=G2達成に必要なこと
①6地域では現状の仕様でクリアできる
②4・5地域ではサッシの性能アップと天井断熱材の製品変更または厚み増が必要

 

6地域の場合
6地域のG2=0.46は現在の4地域のG1と同じです。
つまり、現在のまま建ててもクリアできます。
特に変更なし、コストアップもありません。

4・5地域の場合
4・5地域では0.46~0.48→0.34とレベルアップするので仕様変更が必要です。
まずサッシの性能を1ランク上げる必要があります。
現在、熱還流率1.78W/㎡K程度のサッシを標準採用していますが、1.03W/㎡K程度にグレードアップしなくてはいけません。
同時に天井断熱材を熱伝導率が低い製品に変更するか、分厚くする必要があります。
コスト的には30坪総2階建ての家で約60万円アップ~を見込みます。

 

②断熱等級7を実現するには

断熱等級7、すなわちG3レベルのUA値は以下の通りです。

4地域5地域6地域
現在の中島工務店=G1レベル0.460.480.56
断熱等級7=G3レベル0.230.230.26

いっきにUA値が小さくなりました。
特に6地域!!!!
もはや4地域と変わりません。
4地域って宮城とか山形とかですよ?
それと名古屋が同じってあり得ますか・・・?

それはともかく、4地域でも6地域でもほとんど同じUA値が求められるので大きな問題となる6地域について考えましょう。
6地域でG3をクリアできればほかは何の問題もありませんから。

断熱等級7=G3達成に必要なこと
等級6の天井断熱仕様変更に加えて
①壁に90~100mmの付加断熱
②サッシの性能アップ

 

まずは壁に付加断熱が必要です。
現在、壁は充填断熱で柱と柱のあいだに105mmのグラスウールを施工しています。
その外側にさらに90~100mmの断熱材を施工しなくてはいけません。
2回断熱材を施工するので当然手間も増えます。

さらにサッシは現在国内で手に入る最高レベルの断熱仕様が必要です。
熱還流率1.00W/㎡Kを下回るような高断熱サッシです。

以上を踏まえたときのコストは30坪総2階建ての家で約250万円アップ~となります。
ちなみに当社住宅展示場・長久手Studioがその仕様で実物模型もありますので、ご興味がある方はご来場ください。
来場予約はこちらから。

 

断熱等級7は必要か~中島工務店の見解

しつこいですが、断熱性能は高いに越したことはありません。
とはいえ、今みてきたように断熱性能アップにはコストアップが伴います。
必然的にコストをかけるだけの価値があるか=費用対効果を考えざるを得なくなります。

今のところ、中島工務店は標準採用は断熱等級6までと考えています。
世の中には等級7=G3レベルの家をコストを抑えて実現している工務店もあります。
その努力と成果は素晴らしいと思いますが、私たちは住まいに大切なのは断熱だけではないと考えます。
断熱性能だけを追求すると決めてしまえば、コストダウンも可能です。
ほかの部分のコストを徹底的に削って断熱性能にだけお金をかければいいのですから。
でも、中島工務店には無垢の木・自然素材の心地よさ、手づくりの建具・造作家具の美しさや使い勝手、注文住宅ならではの唯一無二の設計など断熱以外にも大切にしたいものがたくさんあります。
だから、私たちは断熱等級7の実現は次のステップとして見据えつつ、引き続き長く心地よく暮らせる家づくりを考えていこうと思います。

 

断熱性能についてよくある質問

最後に、断熱性能についてよくいただく質問に答えていきましょう!

Q.断熱等級は高い方がいい?
A.コストの問題を別にすれば、断熱性能は高い方が快適で健康にもいいです。とはいえ予算には限りがありますので、今後数十年暮らす家で何を大切にしたいかを考えて、どのくらいの断熱性能を目指すのか判断しましょう。

Q.断熱性能アップは体感できる?
A.できます。特に4地域など寒い地域で断熱等級3以下の古い住宅を5以上のイマドキの住宅に建て替えたら、家の中でダウンを着ていたのがTシャツで過ごせるようになったくらいの違いが感じられます。ただ等級5以上になると違いはわかりにくくなります。名古屋など暖かい地域では、個人差はありますが等級6と7の違いが体感できる人はあまりいないでしょう。

Q.断熱性能が上がれば光熱費は下がる?
A.下がります。気密の問題はありますが、冬はもちろん夏もエアコンが効きやすくなるので快適だし電気代も下がります。ただし人間は慣れる生き物です。入居当初はあったかい!と言っていたのに慣れるにつれて寒く感じ始めて、結局また光熱費が高くなったなんて話はよくあります。

Q.光熱費(ランニングコスト)が下がれば断熱性能アップのイニシャルコストも元がとれるのでは?
A.光熱費は使い方によるので一概にはいえませんが、年間20万円だった光熱費(総務省家計調査によると2人以上世帯の月間光熱費は約16,000円)が半分になったとしましょう。断熱等級6なら60万円ほどコストアップなので6~7年で元がとれますね断熱等級7だと250万円もアップしているので、元をとるには25年ほどかかりそうです。もちろん住宅会社によってどのくらいコストアップになるかは変わります。断熱は光熱費削減だけが目的ではありませんが、気になる方はしっかり計算してもらうのがおすすめです。

Q.全館空調と高断熱住宅は相性がいい?
A.相性はいいです。ただし機械には必ずメンテナンスが必要ですし、ほとんどの場合、住宅そのものの寿命より短いです。全館空調の設置には100万円以上かかるので、太陽光発電よりさらにコスパは悪いです。断熱材による性能アップなど基本性能を重視し、設備はメンテナンスや耐用年数も考えて慎重に導入した方がよいでしょう。

来場予約はこちら