愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

ルームツアーを見るときの注意点とおすすめの活用方法!

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『ルームツアーの活用方法』です。

YoutubeやInstagramなどで大人気のルームツアー。
家づくり検討中の方ならほぼ100%見たことがあるのではないでしょうか。
おしゃれなインテリアや使いやすそうな動線にはうっとりしてしまいますが、自分の家を建てるときの参考にするなら注意点もあります。
結論としては、全体像・サイズ・コストがわからない点に注意が必要です。
今回はそれらの理由を具体的に解説、ルームツアーの活用方法を解説します。
もはや家づくりの教科書のひとつともいえるルームツアーの見かたの参考にしてください。

この記事でわかること
●ルームツアーを見るメリット
●ルームツアーの注意点
●ルームツアーで見た家を建てられる会社の探し方

 

ルームツアーを見るメリット

ルームツアーのいいところは、なんといってもたくさんの事例を見られるところ。
住宅会社にも実例見学会はありますが実際に訪問できる数は限られていますから、全国どころか海外も含めたいろいろな会社がつくったいろいろな事例を出かけることなく見られるのは素晴らしいメリットです。
たくさん見るほどに自分の好みがわかってきます。
特に、インテリア、色遣い、動線などで「こうしたい」というイメージを固めるのに役立ちますから、家づくりの初期にはたくさん見るといいと思います。
一方で注意点もあります。

 

注意点① 全体像がわからない

ルームツアーを見るときの注意点は、ほとんどのルームツアーで家全体を見せていないという点です。
子ども部屋や寝室がどうなっているのか、2階トイレはあるのかないのか。
あるいは外観がまったくなかったり、あっても正面や玄関まわりだけで裏側や全体像がわからなかったり。
プライバシーの問題や単純に外観全体を撮影できるほど距離がとれないといったケースまで事情は様々で、LDKや家事動線に沿ったルームツアーになるのはよく理解できます。
ただ、おしゃれな内観の家なのに外観はイマイチ・・・なんてことはめずらしくありません。
楽しむだけならいいのですが、それを参考に自分の家を計画するなら注意が必要です。

とはいえ、インテリアのイメージの参考にしたいなら、全体がわからなくてもOKです。
最初にもお伝えしたとおり、インテリアや色遣いについてはおおいに参考にしましょう!

気をつけたいのは動線や間取りを同じようにしたいとき。
「玄関からキッチンの動線が気に入ったから同じにしたい」「LDKとランドリールームを同じように配置したい」といった場合です。
なぜなら部分的な希望で全体のバランスが崩れてしまうことがあるからです。

家は全体のバランスで成り立っています。
内部の間取りが外観に影響するのはもちろん、構造や素材、動線、見た目をすべて同時に考えなくてはよい家にはなりません。
このときにルームツアーで見た事例を一部だけそのままはめこんでしまうと、それ以外のところに不都合が出やすくなります。
例えば「LDKとランドリールームを事例のとおりに配置したい」という場合。
敷地に合わせてはめこむと、トイレが遠くなってしまったり、階段の位置がおかしくて2階とのつながりが悪くなったり。
ほかにも窓や家具の位置などのバランスがとれなくなることがあります。
事例と同じ位置に窓をつけたら、お隣の窓と向き合っていてカーテンが開けられない・・・なんてことがあり得るんです。

「じゃあ、そこだけ変更すればいいじゃない?」と思われるかもしれませんが、それも簡単ではありません。
構造的な理由もありますが、窓の位置を変えるだけで目指していたイメージと違ってしまうことがよくあるからです。
なぜなのか不思議なくらい、ちょっと変えるだけでがっかりする仕上がりになってしまうのでおすすめできません。
窓ひとつ変えるだけでイメージががらりと変わるくらい、家づくりは全体のバランスが大切だということです。

 

注意点② サイズがわからない

ルームツアーの中にはサイズがわからないものも多くあります。
部屋そのもののサイズ、置いてある家具や住宅設備のサイズがわからないと実際の家づくりでは参考にしにくくなってしまいます。

写真や動画では部屋は実際より大きく映っていることが多いのもよく理解しておきましょう。
下の写真を見てください。
当社の住宅展示場・長久手Studioのリビングですが、1枚目はx1倍で撮影したもの、2枚目は同じ位置から広角で撮影したものです。

写っている範囲がまったく違うのがわかりますよね。
ソファやテレビ、テーブルがすごく長くなって、部屋全体の奥行もずいぶん長くなっています。
見えていなかったダイニングの食器棚も見えるようになっていますね。

2枚目の写真の方が広く見えますが、ではこのリビングの広さはどのくらいかというと。
ほぼ正方形の10畳です(奥のストーブ設置部分を除く)。
2枚目だと10畳より広く見えませんか?

体感でいうともちろん1枚目の方が実際の感覚に近いのですが、実際には隣のダイニングキッチンやロフト部分とも空間がつながっているためこの写真のどちらとも違う広さを感じます。
一方で、照明のmayuhanaは2枚目の方が小さく見えます。
こちらも実際の存在感は1枚目の方が体感に近く、2枚目のイメージで計画すると実物を見たときに大きくて驚くかもしれません。

こちらは写真ですが、動画でも同じです。
住宅の場合、空間のつながりを伝えるため、できるだけ広い範囲が撮れる広角や超広角を使うことはよくあります。
我が家の計画に活用するなら実物を体感するのが一番ですが、ルームツアーの場合は少なくともサイズが確認できるものを参考にした方がよいでしょう。

 

注意点③ コストがわからない

実際に「こうしたい」と言われたときに一番困るのがコストが合わないケースです。
ルームツアーで具体的な金額まで紹介されていることは少ないですよね。
インテリア小物などは金額までわかることがありますが、床材や壁材、窓などはまずわかりません。
私たち専門家ならだいたいどのくらいの価格のものが使われているかわかるのですが、一般の方にはほとんどわからないでしょう。

たまたま好きになった家がたまたま自分の予算に合っている、となったらとてもラッキーです。
が、なかなかそうはいかないので実際には「コストを抑えて近い雰囲気にしてください」となりがちです。
ところが、これがうまくいきません。
先ほどと同じく、ちょっと変えるだけでがっかりする仕上がりになってしまいます。

しつこいですが、家は全体のバランスで成り立っています。
間取りや動線に加えて、素材の質感・サイズ・色などが見た目を左右します。
そして残酷なようですが、基本的に家は費やしたコストと仕上がりが比例します。
コストが合わない家を無理に参考にすると、最終的にとても残念な仕上がりになる場合があるので注意しましょう。

なお、家そのものにはそれほどお金をかけずにインテリアのセンスでおしゃれに住んでいる事例もよくあります。
この場合は住宅会社がつくるのは床・壁・天井までということが多く再現はしやすいのですが、あとは住む人のセンスで勝負することになります。
これはこれで、できあがった家があまりにもシンプルなのでがっかりされるケースがあります。
いいなと思っている事例が建築によるものなのか住む人のセンスによるものなのか、わかりにくいときは住宅会社に見せて相談するのをおすすめします。

 

ルームツアーの活用方法

以上を踏まえるとルームツアーの活用方法は次の通りです。

1.家全体ではなくインテリアや色遣いを参考にする
2.間取り・動線はイメージ程度に、敷地に合わせて提案してもらう
3.商品名、サイズが表記されているものを参考にする
4.使い勝手がわかるとよりよい

 

4.使い勝手ですが、こちらは住宅会社が公開しているルームツアーではわかりにくいかもしれませんね。
その住宅のオーナーが公開しているルームツアーの中には、実際に使用している様子をアップしているものがあります。
きれいに仕上がった動画だけでなく、実際の仕様風景や掃除の様子を公開しているものはより参考になるのでおすすめです。
ただしそれも編集されていることはよ~く心得ておいてくださいね。

 

ルームツアーみたいな家を建てられる住宅会社の探し方

最後に、気に入ったルームツアーの事例のような家を建てられる会社の探し方をお伝えします。
基本的にはとにかくたくさん見て、自宅近くでイメージに近い家を建てられる家を見つけるしかありません。

ちょっと面倒ですが、イメージに合ういろいろなキーワードで検索していきましょう。
「木の家」などあまり絞り込まないキーワードだとたくさんの会社がヒットします。
それらの会社のルームツアーなどを見て絞り込んでいきましょう。
具体的に使用しているものから絞り込むとより近いイメージの家を建てている会社を見つけやすいでしょう。
例えば先ほどの写真で取り上げた照明「mayuhana」で検索すると、mayuhanaを使っている=mayuhanaが似合う家が表示されるのでより絞り込んで調べやすくなります。
ただ、あまり絞り込みすぎてもまた「近くにない」となってしまうので、ちょっと難しいところではあります。

なおスマホなどデバイスとアプリの位置情報をオンにして検索していれば、YoutubeやInstagramなどプラットフォーム側が近くにある似たようなルームツアーをおすすめしてくれます。
プライバシーの問題が気にならないなら、位置情報はオンに、プラットフォームによるトラッキングも許可しておくと好みの住宅会社に当たる可能性が高くなります。

候補になる住宅会社が見つかったら見学に行きましょう。
やはりルームツアーで見るのと実物を体感するのとは全く異なります。
実物を見て気に入ったら、自分が見たルームツアーと予算を伝えて建てられるか相談しましょう。
ここでコストが合わなかったらどんなにがんばっても目指したイメージには仕上がりません。
率直に予算を伝えるのが大切です。
残念ながら予算が合わない場合、住宅会社が「その予算ならこんな家」という現実的な事例を見せてくれることもあると思います。
その事例を見て気に入ったら、そのまま進めるとよいでしょう。

難しい場合は、予算を増やすか建てたい家を見直すかということになります。
実際に住宅会社に相談することで、予算と建てられる家のイメージがつかめるはずです。
自分の予算とのバランスで最大限イメージに合う家を建てられる会社を再度探してみましょう。

いずれにせよ「センスがいい」会社を見つけるのが重要です。
気に入ったルームツアーの家を建てた会社ならともかく、ほかの会社が建てる以上、その会社のセンス次第で仕上がりが変わってしまいます。
何度も言いますが、ルームツアーの家をまったく同じように再現することはできません。
自分の希望に近い家をいくつか見せてもらって「ここに任せたい」と納得してから進めましょう。

ところで「センスが大事なら設計事務所は?」と思う人もいますよね。
設計事務所の多くは施主が建てたい家より設計士のセンスを重視します。
「このルームツアーみたいな家」で設計してもらえることは少なく、似た雰囲気でも必ずその設計事務所らしい家になります。
その事務所が建てている家が自分の好みと合い、且つその設計士にまるごとお任せできるなら依頼しましょう。

来場予約はこちら