愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

実例解説!平屋の設計ポイント~おしゃれで使い勝手のいい動線づくりのコツ

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『平屋の設計デザイン』です。

数年前から人気が高まっている平屋ですが、実際に建てるときには2階建てとはちょっと違った注意も必要です。
今回は中島工務店の平屋実例を取り上げながら、平屋の設計デザインの注意点を確認。
おしゃれで使い勝手のいい平屋をつくるポイントをご紹介します。

この記事でわかること
●平屋の実例紹介
●一般的な平屋の設計の注意点
●今回の事例のポイント ①玄関まわり、②リビングまわり、③洗濯動線
●自分たちの暮らしを突き詰める大切さ

 

平屋の事例紹介~概要

まずは今回取り上げる平屋の概要をご紹介します。

木造平屋建て
敷地面積:295.50㎡(89.38坪)
延床面積:154.86㎡(46.85坪)※インナーガレージを含む。
住居部分延床面積:121.73㎡(36.82坪)

 

今回の事例は中島工務店が自信をもってご紹介する「中島工務店らしさを満載した最高の平屋」です。
中島工務店の特徴は東濃ひのき・長良すぎを活かした美しい構造現しの家で、無垢の木の造作、造付家具、和モダンデザインが共通項ですが、中でもとても人気なのがインナーガレージ。
階高を低く抑えた住居部分に連なるガレージはこれまでにもいくつものお住まいで採用していただいたスタイルです。

今回のお住まいの外観はこちら。

ほかにも当社ではインナーガレージがある住まいの事例がいくつもあります。
以下に代表的なものを掲載しますが、和モダンの美しさが感じられる外観です。

事例1)Treasure Box
事例1)Treasure Box この事例を詳しく見る
事例2)小川のせせらぎが聞こえる家
事例2)小川のせせらぎが聞こえる家 この事例を詳しく見る

今回事例として取り上げる「御嵩 西畑の家」もこのスタイルの住まいで、前面道路側にインナーガレージ、奥に住居部分を配置しました。
インナーガレージは延床面積に含まれるので、申請上の延床面積は約46坪と大きめになっています。
ただガレージ部分を除いた実際の住居部分は36坪で、一般的な広さの住まいとして参考にしていただけるのではないでしょうか。

ちなみにこちらのお施主様は4人家族。
ご夫婦と子ども2人です。
今回はこの記事でご紹介することをお施主様が快諾してくださいましたので、写真や動画を交えながら解説していきたいと思います。
なお間取りは公開いたしかねますので、ご了承ください。
その分、写真や動画で室内のつながりをお伝えしますので、ぜひじっくりご覧ください!

 

平屋の間取りの注意点

最初に、一般的な平屋の設計デザインの注意点を確認しておきましょう。

1)プライバシーを確保する
平屋と2階建ての大きな違いは生活空間が1層か2層か。
2階建てだと生活空間が上下2つに分かれるので、1階が家族空間・2階が個室など自然とプライバシーが確保できるケースがほとんどです。
ところが平屋の場合は家族空間もプライベート空間も同じフロアにあるので、意識して分けなくてはいけません。
具体的にはリビングダイニングと主寝室のあいだや主寝室と子ども室のあいだに廊下を設ける、収納を配置するといった方法が一般的です。
敷地が広い場合には中庭などを活用するケースもあります。

2)大きくなりすぎないよう注意する
上記1の影響なのですが、プライバシー確保のために廊下などクッションになる空間を設けた結果、建物が不必要に大きくなりがちなのも平屋の設計の傾向です。
最近の住宅は廊下など「無駄な空間」をできるだけ減らして生活空間を広くする設計が増えていますが、平屋では敢えてその「無駄な空間」をつくる必要があります。
家族の中でもプライバシーは大切ですが、廊下などが無駄な空間なのは平屋でも同じこと。
減らせるなら減らした方がいいので、プライバシー確保とのバランスが設計士の腕の見せどころです。
気がついたらどんどん建物が大きくなっていて、建築費用も高くなり、固定資産税も高くなった・・・というケースはめずらしくないので注意しましょう。

3)防犯に注意する
平屋では寝室や子ども室、個室も1階になるので、2階建てよりさらに防犯に配慮が必要です。
防犯システムを導入する方法もありますが、人感センサーライトを取り付けたり、踏むと音がなる砂利を敷き詰めたりする方法も当社ではよく採用されています。
道路に面する窓には木格子をあしらうことで、防犯とデザイン的な美しさを同時に叶える方法もあります。

ここに取り上げたような一般的な平屋設計の注意点は以下の記事でもまとめていますので、参考にしてください。

 

事例のポイント ①アプローチ~玄関

それでは今回取り上げる事例「御嵩 西畑の家」の動線とおしゃれな設計のポイントを順にご紹介します!
まずはこちらの短い動画をご覧ください。

玄関の使い勝手のポイントは①家族が出入りしやすい広さ、②外出時によく使うものの収納、③リビングへの距離です。
「御嵩 西畑の家」は玄関土間3帖(シューズボックスを含む)、玄関収納+廊下4.5帖という十分な広さを確保。
それでいて廊下の長さは約2.7mでマンションでもよくあるくらいの距離感でリビングにアクセスできます。
シューズボックスのほかに玄関収納が約1.5帖あるので、コートや傘、ベビーカー、外遊びのおもちゃなどもしっかりかたづけられます。
玄関土間が広いので家族4人が出かける準備をしていても余裕がありそうですね。

デザイン的なポイントは奥へと導くアプローチと玄関を隠す木格子です。

外から玄関の出入りが見えないのでプライバシー確保になりつつ、見ためにも和モダン感を増しています。
曲線を描いたアプローチは外から帰宅したときに気分を入れ替えるちょっとした空間でもあります。

 

事例のポイント ②リビングとプライベート空間のつながり

玄関の奥はリビング・ダイニング・キッチンです。
キッチン側から全体を見てみましょう。

「御嵩 西畑の家」はLDKが素直な長方形で、主寝室・子ども室へもリビングから直接アプローチする間取りです。
また大きな窓を介して中庭やガレージの様子も見えます。
キッチンにいながら個室や外への出入りも中庭やガレージで過ごしている様子もすべて把握できる配置で、特にお子さんが小さいご家庭でよくいただくご要望です。

一方で、この記事の前半で注意点として挙げた「家族内のプライバシー確保」には重点を置いていません。
「家族の一体感を大切にしたい」とのお施主様の意向によるものです。
下の写真で右側の壁に引き戸が2カ所ありますが、それぞれ主寝室と個室につながる入口です。
リビングから直接つながっています。
この事例をベースにプライバシーを確保したいなら個室の扉の前、テレビの向かって右側あたりに壁を設けることで対処できます。
格子などでゆるやかに仕切る方法もあります。

デザイン的なポイントは無垢の木と左官壁のバランスです。
床は桧上小節、壁はけいそうエコナ(珪藻土)、天井は杉上小節で、真壁・構造材現しです。
リビングダイニング部分の勾配天井も趣を増しています。
木を見せる家の場合、木そのものの美しさと、木とそれ以外の部分のバランス(木視率といいます)がデザイン的な重要ポイントです。
中島工務店では見せる部分の木の仕上げには特にこだわり、自社工場で超仕上げというひと手間かけてつやを出す仕上げをしています。
木視率も長年の経験とお施主様の好みに合わせてちょうどいいバランスを実現。
それがこの落ち着きと美しさを両立する空間デザインにつながっています。

 

事例のポイント ③洗濯&水まわり動線

「御嵩 西畑の家」内覧会で最も人気だったのが洗濯&水まわり動線です。
ユーティリティ(洗面室)を中心につながるトイレ・脱衣室(洗濯機)・物干しデッキ・クローゼットをご覧ください。

 

この動線を現地で体感して「うちもこうしたい」とおっしゃったお客様がたくさんいらっしゃいます。
約3.5帖のユーティリティ(洗面室)を中心に南側に脱衣室と浴室、西側に物干しデッキとトイレ、北側にクローゼットが配置されています。

住宅設計時にはトイレの位置もポイントのひとつで、使いやすいけれど音などが気にならない位置に苦労するのですが、リビングからユーティリティをクッション空間にしてトイレがあるので出入りしやすく、且つ人目を気にせず使用できます。
洗濯動線はさらに秀逸ですね!
脱衣室で洗濯して、すぐ外の物干しデッキに干して、隣のクローゼットにかたづける。
移動距離も短く、リビングから見えることもなく、使ってみなくても使いやすいのがわかります。

デザイン的には造作洗面台と物干しデッキの外の木格子がポイント。
造作洗面台は中島工務店でも人気の造付家具で、木の家のデザインをワンランク上げる重要なアイテムです。
こちらの場合もお施主様の好みと使い方のご希望を踏まえて、設計士がデザイン、自社工場で製作しました。
ここが既製品の洗面台だったら、それだけでずいぶん雰囲気が変わってしまいますよね。

そして物干しデッキの外を囲う木格子。
外部からの目線を避けて防犯・プライバシー確保に役立つ上に、和モダンな外観イメージにもプラスになっています。
屋根があるから雨の心配はないし、格子だから風通しがよくて洗濯物もよく乾きそうです。

 

事例のポイント ④お施主様の考え方に添った割り切り

「割り切り」というとよくないイメージを持つかもしれませんが、こちらの「御嵩 西畑の家」はお施主様の意向に添って割り切ってなくしたものもあります。
①家族内のプライバシー、②ファミリークローゼットを除く収納、③来客用スペース です。

家族内のプライバシーは先ほどお話したとおり。
家族の一体感を重視するというお施主様の意向により、家の中でのプライバシー確保策はほぼありません。
「家族がいつも一緒にいたい」という考え方がはっきりしているからこその設計です。

それから収納。
実はこちらのお住まいにはファミリークローゼットを除く収納がほぼありません。
LDKはキッチンの背面収納のみ、主寝室にはクローゼットがありますが子ども室には収納は一切ありません。
基本的にファミリークローゼットに家族のものをすべて収納するという考え方で、「家族がいつも一緒にいたい」という意向に通じるものがあります。
収納の基本は「使うところに収納場所をつくる」なので、ファミクロ集中型の収納が使いやすいかどうかは使う人によるといったところ。
一概におすすめすることはできませんが、お施主様にとって使いやすいならもちろんOKです。
ちなみにファミリークローゼットは約7帖ととても大きく、家族のものをなんでもしまえそうです。

中庭。LDKとガレージどちらから見ても涼やかな印象を与えます。

もうひとつ、こちらのお住まいにないのが来客用スペースです。
来客を通すための和室や親御様が泊まるための部屋などはいっさいありません。
リビングの片隅に間仕切り可能な畳スペースを設けるといったお客様も多いのですが、そういった「年に一度あるかどうか」のスペースを思い切ってなくしてしまいました。
最近はこういったお客様も増えています。
家族の暮らし方がはっきりしているからこその選択です。

総じてこちらのお施主様は「自分たち家族の日常を大切にする」「家族はいつも一緒にいたい」という意思がはっきりしていました。
その結果、一般的にあったほうがいい・した方がいい配慮をきっぱりとなくして36坪という居住空間を家族のためのスペースとして活用しきった設計となりました。
これは同時にコスト削減にもつながっています。
自分たちにはいらない廊下や来客用スペースをなくせば、その分コストを抑えられ、自分たちにとって大切なものに使えます。

どんな暮らしがしたいかがはっきりしていれば、自分たちにとって最高の家をつくれるというとてもよい事例です。

 

「御嵩 西畑の家」住まい宅見学できます!

中島工務店が自信をもってご紹介する平屋実例「御嵩 西畑の家」。
完成内覧会は終了してしまいましたが、お施主様のご了承のもと住まい宅見学が可能です。
すでにご入居・生活されているお住まいですので、真剣に平屋建築をご検討中のお客様に限らせていただきますが、ご希望により現地をご案内いたします。

またもっとたくさんの完成写真や間取り図なども中島工務店の住宅展示場にお越しいただければご覧いただけます。
住宅展示場・長久手Studio、可児モデルハウスLITTLE KASHIMOは完全予約制にて営業しています。
まずはお気軽にご来場予約を!
お待ちしています。

来場予約はこちら