愛知・岐阜の注文住宅・リフォーム 長久手Studio | 中島工務店

1000万円の家と3000万円の家はどう違う?タマホーム「シフクの家」と中島工務店の注文住宅を比べてみた

こんにちは、愛知・岐阜の注文住宅&リフォーム 長久手Studioです。
住宅建築のプロが納得できる家づくりのヒントをお話しするこのブログ。
今回のテーマは『1000万円の家と3000万円の家の違い』です。

おもな比較対象はタマホーム「シフクの家」。
よく知られた商品として取り上げましたが、同様の「1,000万円台で新築」を謳う住宅商品はたくさんあります。
それらに対して中島工務店の家は同じくらいの大きさで3,000万円くらいかかります。
その差はどこにあるのか?
1,000万円の家は大丈夫なのか?
3,000万円かける価値はあるのか?
家づくりを考え始めたら必ずぶつかるそんな疑問に答えます。

結論としては3,000万円の家の方が間取りやデザインの自由度は高いが性能の差は断熱性のみ、こだわりがないなら1,000万円台の家で十分です。
3,000万円の家を建てる最大のメリットはつくることを楽しむ時間と満足感。
どちらが向いているかは建てる人次第です。
違いを詳しく解説しますので、ご自身がどちらに向いているのか考えるきっかけにしてみてください!

この記事でわかること
●1,000万円台のローコスト規格住宅の仕様と注意点
●1,000万円の家と3,000万円の家の比較
●1,000万円の家が向いている人と3,000万円の家が向いている人

  「1,000万円の家」を見るときの注意点

今回例として取り上げるのはタマホーム「シフクの家」ですが、同様に1,000万円台で建てられることを謳った商品はたくさんあります。
それどころか700万円、800万円、900万円などさらに低い金額をウリにしているローコスト住宅メーカーもいろいろありますね。

これらの商品を見るときの注意点はどこまでその金額に含まれているかです。
具体的には足場や給排水工事などなくては家が建てられない工事がオプションになっていないか、設備や間取りの変更がどこまで可能かを確認しましょう。

今回例として取り上げるタマホーム「シフクの家」では「安心のコミコミ価格」との記載があります。
詳しく見ると設計料、仮設工事、配線工事、工事監理費などどの家でも必要な費用は盛り込まれていて、本当にコミコミ価格だとわかります。
屋外給排水工事の施工範囲が10mを超える場合や地盤改良費などは別途となっていますが、これは立地条件によって異なる費用なので別途費用で当然です。
設備仕様の変更可能範囲はこの広告からはよくわかりませんが、標準設備はきわめて限定されているので追加費用なく変更するのは難しいでしょう。

設備仕様の変更が難しいとはいえ、住み始めるために必要な費用は本当にコミコミなので、かなり良心的な商品だといえます。
今回シフクの家を例にしたのもこれが理由のひとつ。
あまりにも別途費用が多い商品では本当の金額がわからず、比較対象にもならないからです。
実際には住み始めるために必要な様々な工事費が別途となっているローコスト商品はたくさんありますので、低価格なパック商品を検討する際は十分に注意してください。

 

1000万円の家と3000万円の家の比較 ①性能

さて、それでは本題の1,000万円の家と3,000万円の家の性能・設備仕様・外観と間取りを比較してみましょう。
まずは性能から。
中島工務店の家とタマホーム「シフクの家」を性能面で比較すると次のようになります。

中島工務店の家タマホーム「シフクの家」
耐震性耐震等級3耐震等級3
断熱性HEAT20 G2相当(6地域でUA値0.46)断熱等級4以上(6地域でUA値0.87)
追加費用で断熱性能アップ可能
防蟻(シロアリ対策)10年保証10年保証

耐震性についてはどちらも耐震等級3で同等といえます。
防蟻(シロアリ対策)も使用する防蟻剤は異なりますが、どちらも10年保証です。
防蟻剤にこだわらなければ同等といえるでしょう。

差が出たのが断熱性です。
タマホーム「シフクの家」は断熱性能を明記していません。
タマホーム全体の家づくりの考え方として公式サイトで「断熱等級4以上」とされているので、少なくとも断熱等級4以上はあるといえます。
タマホームの断熱等級4は6地域でUA値0.87に相当し、中島工務店のHEAT20 G2相当=6地域でUA値0.46には遠く及びません。
しかしながら、タマホームで家を建てた人のブログなどを見ているとオプションで断熱材を変更するなど断熱性能アップができるようです。
また、中島工務店の家は樹脂サッシ・ペアガラスが標準ですが、シフクの家はサッシの仕様も明記されていません。
こちらもタマホームでシフクの家を建てた人のブログなどによると、アルミサッシが標準で樹脂サッシにアップグレード可能といったところのようです。
やはり断熱性においては少し不安が残ります。
※UA値:断熱性を測る指標。数字が小さい方が断熱性能が高い。
※HEAT20:一般社団法人20年先を見据えた日本の高断熱住宅研究会が設定した断熱性能の基準。高断熱住宅を志す住宅会社の目安・目標となっている。

 

1000万円の家と3000万円の家の比較 ②設備仕様

続いて設備仕様を比較してみましょう。
設備仕様は中島工務店の家とタマホーム「シフクの家」で大きな差があります。

シフクの家の標準仕様はかなりグレード低め。
シフクの家が低価格で建てられる理由のひとつだといえそうです。
実際に建てた人のブログなどを見ていると、ほとんどの人がグレードアップしているようです。
標準仕様のまま建てればかなり費用は抑えられるけれど、実際にはここで追加費用がかかると思っておいた方がよさそうです。

タマホーム「シフクの家」の標準仕様

中島工務店では設備仕様も自由に選べるため標準仕様はありません。
ですが、洗面化粧台やカウンター、テレビボードなどは造作にするお客様が多く、建具も基本的に建具屋さんがつくった杉・桧のオリジナル建具です。
見た目にも木の家らしい美しさが感じられ、肌触りや香りも格別です。

もちろん好みの問題はあります。
が、ここは3000万円の注文住宅の良さがわかるポイントだといえます。

 

1000万円の家と3000万円の家の比較 ③外観と間取り

外観と間取り、ここも1000万円の規格住宅と3000万円の注文住宅の差が出るところです。

タマホーム「シフクの家」の形は真四角が基本。
総2階建てで、チラシや画像を見る限り外壁はサイディング、屋根はガルバリウム鋼板が標準のようです。
間取りは100プランの中から選べて間仕切りの有無なども選べるプランがあるようですが、全体が真四角・総2階なので大きな変更はできません。
ベランダなどがほしい場合はオプションで追加費用を払えば設置できます。

中島工務店の家はもちろん間取りは自由。
設計士がお客様と一緒にゼロから計画していきます。
もちろん外観も自由。
外壁は左官壁(塗り壁)・吹き付け・ガルバリウム鋼板のいずれか、屋根は陶器瓦またはガルバリウム鋼板です。

以下はシフクの家に近い30坪くらいの中島工務店の事例です。

延床面積30.07坪
延床面積33.40坪

これももちろん好みの問題はありますが、やはり3000万円の注文住宅だからこそできることがあるポイントだといえます。

なお外壁がサイディングの場合、建築後10年をメドにメンテナンスが必要です。
一方、吹き付けやガルバリウム鋼板なら最初のメンテナンスは建築後20年がめやす。
そとん壁など一部の左官壁はメンテナンスフリーです。
建てるときの費用はサイディングが安いですが、ランニングコストではサイディングの方が高くなることが多いのも注意していただきたい点です。

 

実際に建てる場合の費用の差

さて、ここまでタマホーム「シフクの家」を1000万円の家、中島工務店の家を3000万円の家と称して比較してきましたが、実際に建てたらそれぞれいくらくらいになるのでしょうか。
タマホーム「シフクの家」を建てた人のブログによると、ほとんどの人がオプションを追加していて、シフクの家の実際の建築費用は1,300万円~2.400万円くらいになっています。

中島工務店で延床面積30坪程度の標準的な家を建てた場合は2,800万円~3,200万円といったところです。
その差は800万円~1,500万円。
実際には2,000万円もの差はありません。
これは、タマホームに限らず、ローコスト規格住宅の標準仕様が非常に抑えられたものになっていて、結局オプションを追加する人が多いのが理由です。
ローコスト規格住宅を検討するときには、標準仕様の1.5~2倍くらいの予算を見込んでおくように注意しましょう。

 

1000万円の家と3000万円の家 それぞれどんな人に向いている?

1,000万円の家と3,000万円の家を比べてきましたが、これらはどちらが良い悪いというものではありません。
決してお金があるから3,000万円の家を建てたらいいわけでもありません。
それぞれコンセプトもターゲットも異なっていて、違う人に向けてつくられています。

1,000万円の家はやや断熱性に不安が残るものの、性能的には住むのに十分です。
断熱性をアップグレードすればまったく問題ありません。
「シフクの家」自身がチラシに掲載している通り「小さく建てて大きくのびのび暮らしたい方」に向いた家で、特別な要望はないから住宅にかける費用は抑えて生活を楽しみたい、ほかのことにお金を使いたいという方にぴったりです。

一方、中島工務店のような3,000万円の家は家や暮らし方にこだわりがある方、つくることそのものを楽しみたい方のための住まいです。
特別な空間がほしい人、自分だけの叶えたい家がある人、デザインや性能に特別な要望がある人。
そんな人が中島工務店にはやってきます。

1,000万円の家と3,000万円の家は工期も大きく異なります。
1,000万円の家が設計に1カ月・施工に3カ月程度で完成するのに対して、中島工務店の家は少なくとも設計に6カ月・施工に7カ月かかります。
この長い設計期間・施工期間はお客様と中島工務店が一緒につくる時間で、この時間を楽しめる人こそが注文住宅に向いている人です。

木の家のローコスト規格住宅と比べるとよりよくわかります。
今回はタマホーム「シフクの家」と比較しましたが、最近ではパッと見ただけでは中島工務店と大差のない木の家のローコスト規格住宅も増えています。
これらの木の家ローコスト規格住宅は木の香りや手触りは中島工務店の家とほとんど同じ、デザイン的にも木が好きなお客様を十分満足させるものがあります。
正直「木の家が好き」というだけでそれ以上のこだわりがないなら、木の家ローコスト規格住宅で十分ではないかと思います。
では中島工務店と何が違うかというと、最後に残るのは自分だけの唯一無二の家をつくる楽しさです。

家づくりにかける長い時間と、自分だけの唯一無二の家で暮らすもっともっと長い時間。
そこにプラス1,500万円の価値があると感じたら3,000万円の家を建てている住宅会社を訪問してほしいと思います。

住宅展示場・長久手Studio

中島工務店ではお客様の希望を最大限受け止めて、最良の住まいを一緒につくってまいります。
住宅展示場・長久手Studioにお越しいただいたら、お客様のどんな希望に対して私たちがどんな家をつくったのか、様々な事例をご覧いただけます。
この記事を読んで自分は3,000万円の家を建てるタイプだと感じたなら、ぜひ長久手Studioにお越しください。

来場予約はこちら