可児市の注文住宅 CUSTOM HOME

可児モデルハウス
LITTLE KASHIMO

天井高7メートルの吹き抜けに無垢の梁がダイナミックに架かった、圧倒的な大空間が特徴のモデルハウス。
大胆な空間デザインでありながら、東濃ひのきの繊細な美しさも存分に感じられます。
2010年3月竣工の木の家の経年美もみどころです。
  • 営業時間

  • 定休日

  • 電話番号

  • 住所

  • アクセス

可児市の住みやすいポイント

ポイント①

可児市には世界に誇るバラと花々の大庭園ぎふワールド・ローズガーデンがあり、大庭園約80.7ha(バンテリンドーム約17個分)もの広大な敷地には、バラと四季折々の花々が咲いています。
中には年パスを購入し、ウォーキングをする地元の方もいらっしゃいます。
小さいお子様用の遊具もあり、夏は「水遊びわんぱく広場」が開催されたり、たくさんのキッチンカーが集結する「キッチンカーフェスティバル」があったりと、親子三世代で楽しむことが出来ます。

ポイント➁

可児市には小さいお子様を連れて遊ぶ場所ががたくさんあり、子育て世代に優しいと言われています。
アスレチックのような遊具やバーベキューも出来る広場がある「可児やすらぎの森」や、可児駅前にある子育て支援・健康づくりのための機能が凝縮された施設「子育て健康プラザ マーノ」が代表的です。
 
それだけでなく、可児市では山、川に囲まれながら散策や山登りが行えます。
その中でも代表的な標高313.5mの「鳩吹山」では、登山口が大脇、カタクリ、真善寺、西山、石原の5か所存在し、登山ルート選ぶことが出来るので、幼児、小学生などの小さなお子様からご年配の方まで、幅広い年齢層に利用されています。
鳩吹山を登った眼下には「木曽川」や「濃尾平野」、遠くには「白山」と、日本アルプスの山々を望む大パノラマが広がっており、頂上で食べるおにぎりは格別です!

ポイント③

可児市にはJR・名鉄がありますので、名古屋や岐阜へのアクセスが行いやすいです。
また、東京への高速バスが1日2便運行していたり、国道も複数通っていたりと、バス・お車でのお出かけも非常に便利です!

CONTACT

家づくりに関するお問い合わせ・資料請求や、
長久手Studio・可児モデルハウスLITTLE KASHIMOへの
来場予約は、各フォームよりお問い合わせください。